でろん子の転勤妻日記

2017年 04月 09日 ( 1 )




六道珍皇寺

昨日NHK【ブラタモリ】を観ていたら
京都の【六道珍皇寺】が出てきました。
こちらのお寺は、私達が昨年京都で訪れたところでしたので
非常に懐かしい気持ちになりました。

冥界へ入口があると言われているお寺です。

d0250123_20070746.jpg




d0250123_20065879.jpg
以下引用です。
 六道珍皇寺の一帯はかつての葬送地でした。鳥辺野入り口にあたり六道の辻といいます。鳥辺野へ至る道筋にあたる六道珍皇寺にて野辺の送りの法要を行い、この地で最後のお別れの後、隠防により風葬の地である鳥辺山の麓へと運んで行きました。
 そんな風習の為か、珍皇寺の辺りを中世以降「六道の辻」と呼び、他界(地獄)への入り口とされてきました。この六道とは仏教の説く六道輪廻の死後の世界のことで地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界の六つの世界を指します。衆生は死後生前の善悪の業により六道のいずれかに赴くとされ、珍皇寺はこの六種の冥界への入り口にあたり、人の世の無常と儚さを感じる「あの世とこの世」の分岐点と信じられてきました。


当時、小野篁という宮廷人がいまして、昼は朝廷に仕え夜は閻魔大王に仕えたといわれています。この人が毎晩、この世とあの世を行き来したと言われている井戸です。

d0250123_20071720.jpg


d0250123_20072521.jpg
あの世とこの世を結ぶ・・なんて聞くとちょっと怖い印象もありますが、
京都らしいお話だと思いました。
そんな話を聞いていたせいか、ちょっと独特の雰囲気のあるお寺でした。
私にとってとても印象的だったいい伝え・・京都ならではですね。

[PR]



by yumipen42 | 2017-04-09 20:26 | 旅行 | Comments(0)

40代転勤族夫婦二人暮らしの主婦。2011年7月に三沢市に転勤してきたのを機にブログを開始しました。2014年7月に地元仙台市へ。日々の生活を綴っております。
by でろん子
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雄勝石のプレート、こんな風に..
at 2017-05-25 09:44
megoで天丼ランチ
at 2017-05-24 17:41
Cafe de Ryuban..
at 2017-05-22 22:24
IIE(イー)
at 2017-05-21 21:54
再び東山温泉「庄助の宿 瀧の..
at 2017-05-20 22:01

検索

ブログジャンル