でろん子の転勤妻日記

2017年 11月 14日 ( 1 )




良いことがあると、その日一日幸せな気分になります

今日は久しぶりに実家の父の所へ行ってきました。

実家へ向かうバスに乗っていた時のこと。
とあるバス停を出発してすぐ、
1人の杖をついた年配の男性が運転手さんに
「このバスは〇〇へ行きますか?」
と聞いていました。
運転手さん「いいえ、このバスは行きません。
そちらのバス停で乗り換えになります。
こちらの横断歩道から歩道に入ってください。」
男性「わかりました」
・・という会話があり、運転手さんは料金を取らずに
バス停ではないところでバスを停め、その男性はバスを降りていきました。
杖をついてゆっくりとバスを降りていきます。
その後バスは出発したのですが、すぐに停車しました。
運転手さん「すみません、ちよっとお待ちください」と
私達乗客に言ってバスを降りていきます。
どうしたものかと窓の外を見ると、
先ほどの男性が車道側をゆっくり歩いていたのです。
運転手さんは「こちらです」と、男性の腕を取り
男性に歩調を合わせて歩き、歩道まで案内してからバスに戻ってきました。

その様子を見ていた他の女性の方々は
「親切だね・・」と話ていました。

運転手さんの優しい対応。
このような他人に対する思いやりは、人の心を温かくするものですね。
思いやりは、大切なギフトのようなもの。
運転手さんのおかげで、私も今日一日幸せな気持ちになれました。

つけたしですが・・
今夜父のために作っていったお料理は

d0250123_21112530.jpg
・ひじきの五目煮
・さといものしょうゆ煮
・豆苗ともやしとわかめのナムル

写真には撮りませんでしたが、鮭の味噌漬けも焼きました。

ひじきは私のヘビロテ食材です(^^;
今回は、大豆、こんにゃく、油揚げ、人参を入れました。

地味~なメニューですが、父には好評で
「こういう家庭料理が一番おいしい」と言って残さず食べてくれました。
良かった~(^^)

父も元気だし、バスの中では良いことがあったし
今日も平和に過ごせてよかったです。


[PR]



by yumipen42 | 2017-11-14 21:18 | 日々思うこと | Comments(2)

アラフィフ転勤族夫婦二人暮らしの主婦。2011年7月に三沢市に転勤してきたのを機にブログを開始しました。2014年7月に地元仙台市へ。日々の生活を綴っております。
by でろん子
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ブログジャンル