でろん子の転勤妻日記

金曜日の夕食

今日は金曜日。
テレビのニュースでは、「明日からG.W.」ということで
「G.W.どこに行きますか?」などとインタビューしている様子が
映し出されていました。

旦那様はカレンダー通りの出勤なので
ひとまず明日から二日間お休みで、
その後は月・火と出勤で水曜日からお休み・・となります。

先日奈良方面にかなりハードな旅行をしてきましたので
G.W.には取り立てて予定は入れておりません。
二人でのんびり過ごしながら、旅行の疲れを癒すことに
なると思います(^^)

金曜日の夕食はこんな感じ。

d0250123_23012597.jpg
旅先ではかなり沢山食べてしまいましたので(^^;)
家での食事は粗食に。

・鰊の塩焼き
・白和え(小松菜、にんじん、しめじ)
・ひじき煮(大豆、にんじん、豚のもも肉、いんげん入り)
・しめじと油揚げとわかめとねぎの味噌汁

鰊は、ブログでも紹介させていただいた【鈴木水産】で買ったもの。
(前回の記事はこちら→)
鰊の切り身は身も厚くて、何よりとーっても美味しい!
一口食べて驚きました。
旦那様も「この鰊うまい」と絶賛しておりました。
近所に美味しいお魚屋さんがあるおかげで
我が家はかなり助かっております(^^)

明日はちょっぴり朝寝坊する予定。
今夜はこれから読書を楽しみながら眠りにつきたいと思います。
金曜日の夜、幸せなひととき。
おやすみなさい。


[PR]



# by yumipen42 | 2017-04-28 23:11 | 家での食事 | Comments(0)

奈良大和路 長谷寺

奈良に来たら、ぜひ行ってみたいと思っていたお寺の一つが
【長谷寺】です。

以下引用
真言宗豊山派の総本山・長谷寺。「花の御寺(みてら)」とも称されるこの寺には、四季折々、境内のあちらこちらに美しく花が咲く。仁王門から本堂へと続く399段の風雅な登廊や、木造では日本最大級の十一面観世音菩薩像はあまりに有名。


長谷寺の山門「仁王門」
d0250123_08573181.jpg
話には聞いておりましたが、とにかく大きいです。
仁王門を潜り抜けて、登廊へ。
登廊は、上・中・下の3棟からなり、天井には長谷型と呼ばれる丸い灯籠がつるされています。



d0250123_08573895.jpg

登廊を登って、上から撮影してみました。結構長いです。
d0250123_08574128.jpg
登廊からの眺め。
美しい風景です。

d0250123_08574515.jpg
奥へ進んで行くと、本堂があります。
こちらは本堂の舞台部分。

d0250123_08575034.jpg


d0250123_08575366.jpg
私達が訪れた時は、朝早かったせいか
あまり人もいなくて非常に静かでした。
この自然の美しさ・・・
昔から歌や物語に登場していおり、多くの文化人が好んで
訪れたお寺というのも
本当に納得できる素晴らしさです。

しみじみと、ゆったりと、長谷寺で過ごすことが出来ました。


[PR]



# by yumipen42 | 2017-04-28 09:14 | 旅行 | Comments(0)

今夜は【NOTE】で夜の定食頂きました。

先月に飲み会をしたお店
【自然派ワインと炭火ビストロの店 NOTE】

こちらのお店はランチでは何度も利用させていただいております。
夜のパーティープラン、美味しそうだなと~と思っていたのですが、
こちらは3名からということで、女子二人組では食べることが出来ず、
先月の飲み会では3名だっため、初めてこのプランを味わうことが出来ました。
(その時の記事はこちら→)

今夜は女子二人での食事会でしたが、
二人でも楽しめる「夜の定食」を頂きました。

「夜の定食」は、パンの他に、スープ、選べる前菜、選べる主菜、選べるデザート
このコースで2,000円です。
私達は980円の「飲み物3杯セット」をプラスしてみました。

スープはカボチャのポタージュ


d0250123_20533177.jpg
前菜 私はベーコンとアスパラのキッシュに。


d0250123_20533511.jpg
主菜は、豚肩ロースの炭火焼をチョイス。
お肉の陰になっていますが、ポテトのグラタンみたいなものもついております。

d0250123_20533933.jpg
デザートは、ショコラケーキにピスタチオのアイスがのったもの。
甘さ抑えめのケーキにピスタチオが合っていました。
大人のデザートです。


d0250123_20534226.jpg
飲み物は3杯選べますが、お友達はビールと赤ワインを。
私は、グレープフルーツジュース、オレンジジュース、ジャワティ(^^;)

お料理はいつものことながらどれも美味しい♪
お肉はかなり量が多くて(もちろん全部食べましたが)
食べ終わるとかなーりお腹いっぱいに。
私としたことが、パンを食べられず残してしまいました。

お店は今夜も満席状態。
グループでの飲み会に利用されている方が多いですね。

お友達には、私が人間ドックで乳癌の再検査になった時、
話を聞いてもらったり、すごく有益なアドバイスをしてもらったりと
大変力になって頂きました。
彼女のおかげで、良い病院・良い先生に診て頂くことが出来て
本当に感謝しています。

今夜は健康についての話が一番多かったような(^^;
中学時代はいつも恋愛のこと、部活のことを話していたのに
お互い結婚してこの年齢になると、話題も変わるものですね~。
30年以上の付き合いになりますが、これからも仲良くしていきたいです。

美味しい食事、ごちそうさまでした。

[PR]



# by yumipen42 | 2017-04-26 21:11 | 外食 仙台市 | Comments(0)

日本最古のお寿司屋さん つるべすし弥助

吉野山の桜を見た後は、奈良県吉野郡にある
【つるべすし弥助】へ。
d0250123_19454510.jpg
現存する、日本最古のお寿司屋さんです。
なんと創業800有余年!!!
私は全く詳しくないのですが、
歌舞伎「義経千本桜」三段目「すし屋」の舞台となったそうです。


d0250123_08012760.jpg
この店構え、歴史を感じますね。


d0250123_19454135.jpg

事前に予約の電話をかけたのですが、私達が行く日はあいにくすべて満席。
でもぜひお寿司を食べたかったので、
お土産(お持ち帰り)を頂くことにしました。



d0250123_19454839.jpg
お土産は一種類のみ。
蓋を開くと、
焼き鮎のお寿司が6貫と、山椒のお寿司が2貫入っています。

d0250123_19455151.jpg
焼き鮎・・とても香ばしくて美味しい!!酢飯とのバランスも良くて
いくつでも食べられそう。
焼き鮎のお寿司は初めて食べたのですが
こんなに美味しいとは思いませんでした。

吉野へ行く機会はめったにないことなので
ぜひお店でお寿司を食べてみたかったですね。
今度行くときはぜひリベンジしてみます(^^)


[PR]



# by yumipen42 | 2017-04-25 19:58 | 外食・関西地方 | Comments(0)

奈良県吉野山へ

昨年の秋、奈良へ行って以来奈良の魅力の虜になっている私達夫婦。
今年も奈良県方面へ出かけてきました。

桜の名所としてとても有名な吉野山。
時期的にはもう桜の季節も終わりに近づいていましたが
桜を見ることが出来ました。
d0250123_19171620.jpg
本来であれば、近鉄吉野駅から吉野山の高台「奥千本口」までケーブルバスが
あるのですが、観桜期は
近鉄吉野駅~中千本公園までバスに乗り、一旦降りて少し歩きます(^^;)
歩いて竹林院前から再びバスに乗って奥千本口へ・・
バスを乗り継いでいくのですが、
その乗り換えの時、結構急な階段を登りました。

奥千本口まではかなり狭く、くねくねした道をバスで向かいます。
奥千本口でバスを降りてからも上り坂を歩きます。

まずは金峯神社へ


d0250123_19363993.jpg

d0250123_19370384.jpg
以下引用
修験道の行場で藤原道長も祈願したとされています。

また、 境内から坂道を3分ほど下ると、義経が弁慶らと追っ手から逃れるために隠れた義経隠れ塔があります。



d0250123_19273734.jpg

吉野山からの眺め。



d0250123_19284634.jpg

d0250123_19292486.jpg
櫻本坊
以下引用
修験道の道場として多くの修験者を集めており、春のみ宿坊もあります


d0250123_19292916.jpg

金峯山寺蔵王堂
吉野山のシンボルであり、修験道の総本山です。


d0250123_19333474.jpg
吉野は桜の名所としては知っていましたが、こうして歩いてみると
修験道の聖地であるのがわかります。
桜を愛でるつもりで来たのですが
かなりアップダウンのある道を歩いたので、足がパンパンです(^^;)

足は疲れましたが、それでもいろんなお店も並んでいまして
見て歩くのも楽しいです。


d0250123_19445748.jpg

d0250123_19450347.jpg


d0250123_19450074.jpg
桜は満開ではありませんでしたがそれでも綺麗。
満開ならどれほどの美しさでしょうか。言葉にできないほど素晴らしいのでしょう。
でも満開の時期ではなかったためか、人の数もそれほど多くなくて
のんびりと歩くことが出来て良かったです。

帰りはロープウェーで。


d0250123_19432151.jpg
小学生の頃、百人一首を覚えていましたが
「朝ぼらけ 有明の月と みるまでに 吉野の里に ふれる白雪」という句を
思い出します。
吉野は自然の美しいところなので、万葉の時代から沢山の歌が詠まれたとのこと。
この風景を眺めていると、万葉の時代のロマンを感じることができますね。

念願だった吉野山。
とてもとても良かったです。


[PR]



# by yumipen42 | 2017-04-24 19:55 | 旅行 | Comments(0)

40代転勤族夫婦二人暮らしの主婦。2011年7月に三沢市に転勤してきたのを機にブログを開始しました。2014年7月に地元仙台市へ。日々の生活を綴っております。
by でろん子
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

雄勝石のプレート、こんな風に..
at 2017-05-25 09:44
megoで天丼ランチ
at 2017-05-24 17:41
Cafe de Ryuban..
at 2017-05-22 22:24
IIE(イー)
at 2017-05-21 21:54
再び東山温泉「庄助の宿 瀧の..
at 2017-05-20 22:01

検索

ブログジャンル