でろん子の転勤妻日記

カテゴリ:旅行( 43 )




春節の横浜中華街

寒波が来て寒~い季節の中、横浜中華街へ行ってきました。

春節ならではの、綺麗な街並み。
ライトアップされた龍が美しかったです。

d0250123_20022072.jpg

d0250123_20022266.jpg
春節ですので、中国の方がもっとたくさんいらっしゃるかなと
思っていたのですが、
霙が降ってとにかく寒かったせいか
それほどの混雑ではありませんでした。

d0250123_20013641.jpg


d0250123_20022711.jpg


d0250123_20022527.jpg

あまりに寒かったので、お店で一休み。


焼き小籠包
橋を突き刺すと、中から汁が大量に飛び出るのでご用心(^^;)
d0250123_20013909.jpg

確か焼肉まん(^^;)

d0250123_20015085.jpg

温かいタピオカドリンク
結構甘い~♪寒い時にはたまりません。
d0250123_20014742.jpg
中華街をもっと探索したかったのですが
寒さに負けてしまいました。

d0250123_20015304.jpg
中華街は食べ物が美味しいし、私は大好きです。
暖かくなったらまた来ようと思います(^^)




by yumipen42 | 2019-02-13 20:21 | 旅行 | Comments(0)

かみのやま温泉 おやど森の音 食事編

昨日に引き続き、【おやど森の音】について。
今夜は頂いたお食事について紹介いたします。

まずは夕食。
これまたシックな大人の雰囲気のダイニングでのお食事。
山形県産の食材をふんだんに使った創作料理のコースでした。

・森の音のアミューズ6品

d0250123_18112345.jpg
う~んカラフルで素敵な盛り付け。
野菜を中心としたアミューズ。中央のオレンジ色は赤ピーマンのムース。
その左隣は山形牛肉のハム。どれもこれも繊細な味わいです。


・野菜たっぷりのスープ

d0250123_18112713.jpg


・本日のスモーク(サーモンとチーズ)

d0250123_18113355.jpg


・甘鯛のフリット

d0250123_18113706.jpg


・山形牛のステーキと鹿肉のロースト 季節の添え野菜

d0250123_18114365.jpg

スタッフの方が
「お肉と一緒にご飯はいかがですか?」と聞いて下さったので
栗の炊き込みご飯とお味噌汁と一緒にお肉を食べました。



d0250123_18115736.jpg


そして最後のデザート。
こちらは場所をダイニングからロビーの暖炉へと場所をかえて。


d0250123_18120024.jpg

夕食は全体的に野菜も多くてすべてが美味しい~♪
くどさがなくて食べやすくて,特に女性には嬉しいお料理ばかりだったと思います。

翌日の朝食
夕食と同じダイニングで、ハーフバイキングスタイル。
朝の光の中でのお食事・・嬉しいですね。

写真中央の白い四角の器のみテーブルにセッティングされていまして、
他のおかずはすべてバイキングとなっています。

d0250123_18131096.jpg

バイキングで私が頂いたのは
サラダや湯豆腐、そして山形牛と里芋、ごぼうたっぷりの煮物

d0250123_18131365.jpg

山形の郷土料理「だし」もありました。

d0250123_18131629.jpg

ご飯は山形のお米「つや姫」。
このようなメニューでは当然ご飯が進みます。


簡単に食事について紹介しましたが、
どのお料理にも創意工夫があり、
とにかくどれを食べても美味しかったです。
本当に美味しいものばかりで食べ過ぎだと自覚はありましたが
すべてすべて美味しく頂きました。

大満足の2日間。
美味しいお料理と綺麗な空間、
そしてスタッフの方々の笑顔と親切な対応・・
ぜひまた泊まらせていただきたいです(^^)




by yumipen42 | 2018-12-02 22:34 | 旅行 | Comments(0)

かみのやま温泉 おやど森の音

山形県のかみのやま温泉にある
【おやど森の音】へ行ってきました。

こちらはもともとは会社の保養所でした。
その建物を、同じかみのやま温泉にある名旅館「日本の宿 古窯」がプロデュースして旅館としてスタートしたのが2016年8月。
まだ開業2年ほどの新しい旅館です。

到着すると、ロビーにある暖炉のところで
ベイクドチーズケーキとお茶のサービス。

d0250123_22000618.jpg

暖炉の火がお出迎え・・なんて素敵なんでょう。
木の燃える匂いと火のぱちぱちという音が
心和ませてくれます。

ベイクドチーズケーキも濃厚でとても美味しかったです。

ロビーには、ビールや焼酎、ウイスキーのコーナーや
d0250123_22001113.jpg

d0250123_22001518.jpg

ソフトドリンクのコーナーがあります。


d0250123_22001877.jpg
スタッフの方の説明によると、アルコールもソフトドリンクも
すべてフリードリンクとのこと。
「ドリンクは午前0時までセッティングしてありますので
こちらのロビーでお飲みになっても、
お部屋に持っていかれてもご自由にどうぞ」
至れり尽くせりですね!

私はアルコールは飲めませんが
二種類のビネガーが用意されていて
どちらもとっても美味しかったです。

さてさてお部屋はこちら。

d0250123_22003568.jpg

ベッドが一つしか写っていませんが(^^;)
手前にもう一つございます。

私達が泊めて頂いたのは、8畳のお部屋。

d0250123_22003855.jpg
床の間の置物もすべてがおしゃれ。
細部にまで心配りが行き届いております。

ちなみに、こちらはお部屋の窓の外。
d0250123_23251491.jpg
桜の木なのです。
春にこのお部屋に泊まったら、桜を眺めることができるのですね・・
春にも来たいっっ。

一日目は、夕方温泉に入り
夕食を頂いて(食事については後日アップいたします)
食後は暖炉の近くでのんびりと読書です。

d0250123_22074260.jpg
二階には、雑誌や書籍の棚がありまして、
こちらの雑誌を暖炉の近くでみ読み耽ったり
コーヒーを頂いたり・・・
う~ん何とも贅沢な時間。

お風呂は露天風呂もあり、
昨夜は私一人で貸し切り状態♪
気持ちよかったです~(^^♪

ちなみに翌朝も暖炉には火がともっていて
朝日の中で見る暖炉もこれまた素敵でした。

d0250123_22074429.jpg
部屋数が14室のこじんまりとした大きさですが、
その分静かで落ち着いていて
夫婦共々ゆったりとした気分で過ごすことが出来ました。

今回は、4回も温泉に入ったり
本を読んだり・・いつもは時間に追われている私達ですが
本当にのんびり過ごすことが出来ました。
お料理も建物も素敵でしたが
何よりスタッフの方々の笑顔と丁寧な対応には
心温まるものがありました。

こんな素晴らしい【森の音】を選んでくれた
旦那様には感謝・感謝です。


d0250123_22074709.jpg
ぜひまた来たい・・きっとリピーターも多いと思います。
素晴らしい時間をありがとうございました。

元気をチャージできました(^^)




by yumipen42 | 2018-12-01 22:45 | 旅行 | Comments(0)

松本民芸館

先日、旅行で松本市を訪れた時に立ち寄ったのが
【松本民芸館】です。
d0250123_21323740.jpg

松本市郊外の静かなところに民芸館がありました。

d0250123_21322972.jpg

d0250123_21330158.jpg
以下引用
松本民芸館は、故丸山太郎氏が「民芸をみるたしかな目」で優れた民芸品を蒐集され、昭和37年(1962)に独力で創館しました。「無名の職人たちの手仕事で日常品」であるものに美をみる民芸の心が、丸山の「美しいものが美しい」という書によく表れています。

松本民芸館を創設したのは、中町で工芸店を営んでいた丸山太郎さん。
柳宗悦の民芸運動に感銘を受けたことがきっかけで、
昭和37年に開館されたそうです1。
収集のみならず、ご自身でも作品を作られていて、
昭和58年に松本市に寄贈されたとのこと。

館内の様子

d0250123_21330866.jpg

d0250123_21330599.jpg


d0250123_21331172.jpg


d0250123_21332925.jpg

展示品はもちろん素敵ですが、この建物が醸し出す雰囲気も含めて
すべてが素晴らしいです。
人気のない自然環境に近い場所にある民芸館ですので
各自のペースで、ゆっくり、ゆったりとした時間の中で
民芸館を楽しんで見ることができますね。


d0250123_21323374.jpg
写真には撮りませんでしたが、
館内の随所に、季節の草花が飾られていました。
花瓶も草花も、この民芸館の雰囲気にマッチしていて
隅々まで心配りがなされていることに感心しました。
リピーターさんが多いのも納得です。

初めてこちらの民芸館に来ましたが
冬に来るとまた別の空気感を楽しめそうですね。




by yumipen42 | 2018-10-05 21:57 | 旅行 | Comments(0)

土門拳記念館

昭和を代表する写真家・土門拳さんは、山形県酒田市の生まれです。
先日酒田市にある【土門拳記念館】へ行ってきました。

d0250123_22300468.jpg
念願だったこちらの記念館。
私達が行った時は、ちょうど特別展で「林忠彦VS土門拳」をやっておりました。
林忠彦さんも、土門拳さんとともに報道写真家として出発なさったとのこと。
この特別展では、戦時体制下~敗戦混乱期から立ち上がっていく
日本人の姿をとらえた写真が展示されていました。

中でも印象に残った写真は
林忠彦さんの「犬を負う子供たち」
以下引用
東京大空襲の焼け跡で、敗戦のあくる年(昭和二十一年)に撮影された、浮浪児と犬の写真です。戦後のひどい飢餓の時代であるのに、少年は自分たちの食べ物を、この歩けなくなった犬にも分け与えていたのだそうです。
この姿を見た林さんは、「このような子供たちがいる日本の未来は明るい」と思ったそうです。


記念館の中の様子。

日本の寺院や風景などの写真が並ぶ一角。

d0250123_22302209.jpg


d0250123_22302633.jpg

d0250123_22301588.jpg
こられの写真には、ひとつひとつにメッセージが込められていて
見るものをひきつけます。
じっくり見てまわりましたのでかなり時間がかかりましたが、
素晴らしい写真ばかりで、圧倒され魅了されました。

記念館の外の様子。


d0250123_22303119.jpg
鳥がいます。鷺のようですが・・。(多分)

d0250123_22303617.jpg
この記念館は、想像以上に素晴らしい写真が展示されていて
本当に来てよかったと思いました。
一見の価値ありです。とにかく素晴らしかったです。




by yumipen42 | 2018-05-28 22:59 | 旅行 | Comments(0)

映画「おくりびと」のロケ地

今から10年前の2008年に日本で公開された映画【おくりびと】

第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞
を受賞し話題になったので、ご覧になった方も多いかと思われます。

酒田市で映画のロケ地へ。
主人公の本木さんが就職したNKエージェントはこちら。


d0250123_19281527.jpg


d0250123_19282029.jpg

元料亭として市民に親しまれた「割烹小幡」。


d0250123_19281040.jpg

明治時代の建物だそうです。

酒田市は仙台から遠いので、なかなか来る機会はありませんが
風情があっていいところですね。
建物を見て、映画を思い出しました。
「おとりびと」とても好きな映画です。




by yumipen42 | 2018-05-21 19:42 | 旅行 | Comments(0)

肘折温泉

先日初めて山形県の肘折温泉へ行ってきました。
豪雪地帯としても有名なところだけあって
いまだにところどころ雪が残っていましたよ。

肘折温泉は、山形県中央部の山間に位置し、
湯治場の雰囲気を残す温泉地です。

温泉街にある郵便局。
レトロで風情があります。

d0250123_21294074.jpg
このポスト、懐かしい♪

d0250123_21294408.jpg
ここ肘折といえば有名なのは
「肘折温泉朝市」
以下引用
肘折の名物のひとつに挙げられるのが朝市。4月下旬から11月下旬の毎日、午前5時半になると地元・朝市組合のおばさんたちが持ち寄った、新鮮な野菜や山菜、果物、また自分で作った笹巻きやしそ巻きなど、その季節の新鮮な旬のものが道端にズラリと並び、賑やかに朝市が始まります。そしてカランコロンと下駄を鳴らして歩く湯治客に、おばさんたちから元気よく声がかかります。


・・ということで、私達も5時半に起きて朝市へ。

d0250123_21290445.jpg

山菜を中心とした新鮮な野菜が並びます。


d0250123_21290991.jpg

d0250123_21291754.jpg


d0250123_21292171.jpg


朝は気温が10℃くらいで寒く感じましたが、浴衣姿の観光客の方も
いらっしゃいました。
d0250123_21292516.jpg

私は今が旬の山ウドを買いました。
家で酢味噌和えにしましたが、
しゃきしゃきした香りの高いウドは本当に美味しかったです!

温泉街の様子。
d0250123_21293232.jpg


d0250123_21293622.jpg

ちなみに私達が宿泊した旅館には、
名物「洞窟乃湯(あなゆ)」がありました。
明治時代に手彫りされた洞窟の奥に沸く内風呂ということで、
こちらは予約制。

扉をあけると中は真っ暗(^^;)
電気をつけて、薄暗い中洞窟風呂へと向かいます。
d0250123_21300970.jpg

ちょっとした探検気分♪

d0250123_21301608.jpg

40メートルほど歩いてたどり着いたのがこの洞窟風呂。

d0250123_21301352.jpg

非常に面白い、このようなお風呂初めて入りました。
少し熱めのお湯、気持ちよかったです。

久しぶりの温泉。
温泉は良いですね~すっかりリラックスできました。
上げ膳据え膳、食べてお風呂入って寝るだけ~
楽しかったです。
その代償として体重がまずい・・(^^;)





by yumipen42 | 2018-05-20 21:58 | 旅行 | Comments(0)

鶴岡市立加茂水族館

この週末は、久しぶりに山形方面へ出かけてきました。
その際、念願の【鶴岡市立加茂水族館】へ行ってきました!

クラゲで有名な水族館。
こちらがクラゲタリウムの
直径5 メートルの水槽「クラゲドリームシアター」です。

d0250123_17114735.jpg
大きな水槽に浮遊するクラゲたち。

他にも様々な種類のクラゲの水槽が並びます。

d0250123_17141710.jpg

d0250123_17141288.jpg
クラゲには、脳も心臓も血液もないそうです。
何とも不思議で神秘的な生物ですね。

くらげを鑑賞した後は、
アシカとアザラシのショーへ。

主にショーを行うのはアシカさんです。

d0250123_17121181.jpg

黒くてぬるんとした大きな身体。

d0250123_17140064.jpg

器用にサッカーボールを使って私達を楽しませてくれます。

d0250123_17133733.jpg

d0250123_17133160.jpg

他にはいつも水槽で泳いでいるゴマフアザラシさん。

d0250123_17273466.jpg

アシカさんとアザラシさんはとっても仲良し♪

d0250123_17124030.jpg

アザラシさんも、お客さんに挨拶をしてくれます。

d0250123_17272947.jpg
何とも愛らしい姿にうっとり。

d0250123_17123545.jpg


d0250123_17123049.jpg

あのような「ごろん」とした体形のかわいいアシカさんとアザラシさんの
ショーに、すっかり癒されました。

他には、カメさん。

d0250123_17140614.jpg

水族館ですので、もちろん普通のお魚も沢山います。
動物大好きな私にとって、ずっと行ってみたいと思っていたこちらの水族館。
大満足でした(^^)




by yumipen42 | 2018-05-19 17:50 | 旅行 | Comments(0)

一足早い桜

春ですね~
仙台よりも一足早く咲いた桜を楽しんできました。
d0250123_21093465.jpg
d0250123_21102198.jpg

d0250123_21104685.jpg


d0250123_21104322.jpg
青い空に桜のピンクが綺麗に映えます。
日本はやはり美しい。
桜も美しい。

そして今日から4月。
新たな年度のスタートです。




by yumipen42 | 2018-04-01 21:14 | 旅行 | Comments(0)

丸の内駅前広場とGINXA SIX

東京駅丸の内駅前広場が完成しましたね。
ニュースでは見ていましたか
実際に行ってみると、とても素晴らしいです。
d0250123_22250592.jpg
白い御影石と赤レンガのコントラストが美しいですね。

d0250123_22251084.jpg

d0250123_22251755.jpg
こちらは行幸通り。


d0250123_22312943.jpg
これから四季折々、いろんな風景を楽しませてくれることでしょう。

夜はGINZA SIXへ。

d0250123_22370853.jpg
以前来た時は昼間でしたが、夜もひときわ綺麗ですね~。


d0250123_22371446.jpg
こちらは散策中に見かけた東京タワー

d0250123_22371818.jpg
東京に遊びに行った時のひとコマでした(^^)




by yumipen42 | 2017-12-19 22:54 | 旅行 | Comments(0)

アラフィフ転勤族夫婦二人暮らしの主婦。2011年7月に三沢市に転勤してきたのを機にブログを開始しました。2014年7月に地元仙台市へ。日々の生活を綴っております。
by でろん子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ブログジャンル